Artist in Café

​​『部位再生』

​​2022.8.3~14 北千住 cafe BUoY

北千住にあるcafe BUoYにてArtist in Caféというカフェスペース横で在廊・制作・展示の企画に参加させていただきました。会期中ライブドローイングも行いました。5×5センチのミニキャンバスにお客様の顔の特徴的な部位をその場でアクリル絵具で5分程度で描きました。直接お顔を見つめて得られるモノは大きく、新鮮でした。


〈ステートメント〉

 己の身体の中で唯一、直接目で見ることのできないもの“顔”。
最も近くて最も自分を感じれる顔に最接近し最小の距離でその部位を体内で感じ、吐き出すべく“再生”する。

 常日頃、日常的に摂取する缶ビールたち。僕は体に入ってきた液体の残り香と残った空き缶に永続的な愛しさを感じる。
 なぜなら空き缶には「そら」の字が含まれ、飲み終わった途端に無限の広がりに変わるから。

 無限の広がりを得た空き缶。それは絵具にもなりえる。最小の距離にある顔も部位を最も身近にあって解放された空き缶と絵具で表現したい。

 空き缶×絵具×顔=∞

IMG_0738_edited.jpg