​『NODOM 誕生』

片目、三本足、口無し
彼は卵から生まれた
何もない
地平線しかみえない世界に
彼の未来に光はあるのか

 

​『NODOM 立つ』

時は過ぎ
nodomは何もない親も分からない世界で
立った
痛い
耐えられない
我慢できない
でも
ちょっとだけ
高い所から地平線が見えた

 

​​『NODOM 湯に浸かる』

​ある日

nodomは少しずつ歩いた

そして熱い湯をみつけた

初めて足を湯に入れた

初めて体を湯に入れた

初めて暖かいと思った